1 学会案内   1.3 会則

日本水泳・水中運動学会会則

1997年11月21日制定
2005年12月10日改訂

 

 

第1章 総則
第1条(名称) 本会は、日本水泳・水中運動学会(Japanese Society of Sciences in Swimming and Water Exercise)と称する。
第2章 目的及び事業
第2条(目的)
(1)本会は、水泳・水中運動に関わる科学的情報を収集し、広く国民に伝達する。
(2)本会は、日本水泳連盟医・科学委員会科学技術部との連携組織とし、その活動を支援する。
第3条(事業) 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)水泳・水中運動に関わる研究発表会、講演会等の開催
(2)水泳・水中運動に関わる調査・研究並びに教育・啓発
(3)水泳・水中運動に関わる研究論文誌の発行
(4)その他、本会の目的を達成するために必要な事業
第3章 組織
第4条(役員) 本会の管理・運営のため、次の役員を置く。
会長1名、諮問委員会が任命する。
総務1名、会長が委嘱する。
諮問委員若干名(監事2名を含む)、会長が委嘱する。
第5条(役員の任務)
(1)会長は、本会を代表し、本会の管理・運営を総括する。
(2)会長は、諮問委員の意向に基づき、必要に応じて各種委員を委嘱することができる。
(3)会長は、毎年会計報告書を作成し、監事の監査を受け、会員へ報告しなければならない。
(4)総務は、会務の処理に当たる。
(5)諮問委員は、諮問委員会を構成し、本会の適正な管理・運営を図る。
(6)諮問委員会は、次期会長を選任し,総会に諮る。
(7)諮問委員会は、委員の過半数の同意が得られれば会長を罷免できる。
(8)諮問委員会は、会費および会則の変更に関する事項を検討し、総会に諮る。
第6条(役員の任期) 役員の任期は、1期2年とし、再任は妨げない。
第4章 会員
第7条(会員の種別) 会員の種別は次のとおりとする
(1)正会員:本学会の目的に賛同する個人
(2)学生会員:本学会の目的に賛同する大学生・大学院生の個人
(3)名誉会員:本学会に貢献があった個人で,諮問委員会が推薦し,総会で承認された者
(4)賛助会員:本学会の目的に賛同する法人及び団体
第8条(入会手続き) 前条の会員になろうとする者は、所定の入会申込書を事務局に提出する。
第9条(権利) 会員は、本会の運営に関するすべての情報を受けることができる。また、本会の企画する事業に参加することができる。
第10条(資格の喪失) 会員は、以下の事由によってその資格を喪失する。
(1)退会した時
(2)会費を2年間滞納した時
(3)除名された時
第11条(退会) 会員が退会しようとするときは、退会届を事務局に提出する。
第12条(除名) 会員が本会の名誉を著しく傷つける、または、本会の目的に違反する行為があったときは、諮問委員会の承認を経て、会長は除名することができる。
第5章 収入
第13条(運営費) 本会の運営費は、次の収入から賄う。
(1)会費 ただし、会費については、別に定める。
(2)寄付金 ただし、寄付金の受け入れについては諮問委員会の承認を得なければならない。
(3)研究発表会参加費
(4)その他、事業による収入
第14条(会計年度) 学会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
第6章 会議
第16条(会議) 本学会の会議は,総会及び諮問委員会とする.
第17条(総会) 総会は,本学会の最高決議機関であり,次の事項を審議決定する。
(1)事業報告及び収支決算に関する事項
(2)事業計画及び収支予算に関する事項
(3)会費に関する事項
(4)会則の変更に関する事項
(5)その他本学会の運営に関する重要な事項
第18条(総会の時期) 年次総会は,毎年1回開催する。
第19条(会議の議決) 会議の議決は,出席者の過半数をもって決する。
・付則(事務局) 本会の事務局は当分の間、下記の場所に置く。
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1−1−1
筑波大学体育科学系内
日本水泳・水中運動学会事務局
担当 高木英樹

会費に関する細則

1997年11月21日制定
2005年12月10日改訂

第1条 会則第13条に基づく会費の徴収についてはこの細則の定めるところによる。
第2条 会員は次の会費を納入し,途中退会してもこれを返金しない。
(1)正会員:年額 3,000円
(2)学生会員:年額 1,000円
(3)名誉会員:徴収しない
(4)賛助会員:年額1口(10,000円)以上
第3条 この細則は、総会において出席者の過半数の同意が得られるならば改正することができる。